ナンダカナガハマアタラシイ〜長浜でチャレンジする人へインタビュー〜

インタビュー

Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん
  • 2022.10.11
  • 飲食・店舗販売

石田三成公の生誕の地でパン作りをしていく

Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん

石田三成が生まれ育った場所、長浜市石田町。石田三成の聖地と言われるだけあって、石田町を歩けば、銅像、石碑、神社と、石田三成がこの地にいたと感じることのできる場所をいくつも発見できます。

Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん
Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん

そして、石田三成が生きた時代から約450年。今、この場所には、焼き立てパンの香りが広がっています。パンの香りは幸せの香り。パンを選ぶ人にパンを頬張る人、みんなの笑顔が集まる場所「kinopan & cafe」をオープンした木下滋子さんを紹介します。

【起業まで】人が集まる場所の存在が地域の力になる

石田町で暮らし始めて約40年。石田三成公が生まれ育ったこの町には、遠方からも歴史ファンが訪れます。

長浜市石田町
長浜市石田町の石田三成公像

三成公の銅像、三成公が詠んだ歌が刻まれた石碑、三成公の産湯を汲んだ井戸、石田家や家臣の供養塔と、石田町には三成公がこの地で生きていたんだと感じることができるスポットがいっぱい。

そして、それは同時に三成公が生まれ、生活していた場所を守りたいという住民たちの想いが受け継がれてきた結果でもあります。私の家は三成関連の資料を展示している石田会館の真向かいにあり、歴史ファンたちが三成公ゆかりの場所を探索している姿をよく目にしていました。

しかし、歴史的に胸アツなスポットがあり、観光客も訪れるこの町には、酒屋さんが1軒あるだけ。せっかく遠くから観光客が来てくれているのに、気軽に立ち寄れて、ちょっと休憩できるような場所が無いことに申し訳なさを感じて、何か私にできることはないのだろうかと考えるようになりました。

ドーナツ
ご好評いただいているドーナツ

元々、パン作りが趣味。姉に習ってからは独学でパン作りを続けていました。パン作りに自信がついてきた頃、遠くから石田町に来てくれた人にもっとこの地を楽しんでもらえたらと、たまに家の前でドーナツを販売し始めました。

こんがり揚がったドーナツにグラニュー糖をまぶした、特製手作りドーナツ。もっちりとした食感とふんわりと甘いドーナツは好評で、ドーナツを食べる皆の顔を見ていると、「もっともっと」と意欲が湧いてくるようでした。

それから、少しずつ販売数や種類を増やしながら、長浜市内で開催されるイベントにも参加するように。もちろん石田町で毎年11月に開催される石田三成祭にも参加。

パンを通して知り合う人たちとの交流が楽しいことはもちろんですが、「人が集まる場所の存在が地域の力になる」そんな気持ちにもなりました。

Kino Pan店内
kinopan & cafeの店内

その気持ちは、焼き立てパンを販売と、少し休憩できるようなお店を作れないかという漠然とした想いに繋がるのですが、看護助手として、もう少し仕事を続けようと思っていたことや資金的な不安もあり、実現までは遠いものでした。

そんな時、コロナ禍がやってきました。観光客は減少し、イベントは軒並み中止に。寂しくなった町の雰囲気に、このままでいいのだろうかと不安にもなりました。

お店を作ろう。地域を元気にするようなお店を作ろう。あの時、そう決意したのは、コロナ禍で先が見透せない不安より、なんとかしなければという想いのほうが強かったから。こうして、私のお店づくりがスタートしたのです。

Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん

しかし、いざお店をつくろう!と思っても、分からないことばかり。決まっていることは、お店の場所だけ。お店は、我が家の隣、義父母が住んでいた離れを改装しようと決めていたのですが、あとはどうしたものか。

そう迷っていた時、「ながはま・こほく創業塾」の開催を知って、受講することに。創業塾は、自分のやりたいことを具体化してくれ、そして、お店づくりに協力してくれる仲間との出会いの場にもなりました。

創業塾には、私のように新しく何かを始める人たちが受講していたので、励まし合いながら、自分の創業プランをまとめていったように思います。

同じ受講生の中には、建築事務所を始めるtumikiの藤田さん、そして工務店をしている橋本さんが。離れの改装についてあれこれ話すうちに、改装を任せられるのはこの2人だと思い、設計と施工をお願いすることにしました。

外観は古民家の良さを残した

改装プランは、歴史あるこの町に違和感のない外観と古民家の良さを残したいというおおまかな希望だけを伝えて、あとは設計士の藤田さんにお任せ。

出来上がったデザイン案は、古民家の味わいを残しつつもモダン。素敵なプランにこの場所がこんな風になるのかと、ワクワクしました。

kinopan & cafeのロゴマーク
かわいいロゴマーク

お店をつくると決めたことで、家族は心配だったろうと思います。でも、夫は反対せず見守ってくれ、県外に住んでいた息子は石田町に戻って来て、全面的にサポートしてくれています。ホームページ作り、ロゴデザイン、インテリア選びは息子のサポートがあってこそ。

一番苦労したのが、メニュー開発

お店のオープンに向けた準備が着々と進む中、一番苦労したのが、メニュー開発でした。パンのレシピにカフェメニュー。

考えなくていけないことがいっぱい。生地の配合に食材の組み合わせ、パンの個性をいかしたサンドイッチの具材などなど、試作とリサーチを繰り返しながら考えを巡らせると、ますます迷ってしまい、なかなか決めることができませんでした。

生ハムとリンゴのタルティーヌ
生ハムとリンゴのタルティーヌ

ただただ、お客様が笑顔になるような商品にしたい。その想いだけでメニュー開発に取り組み、なんとかオープンに間に合った感じです。

サンドイッチ

そして、2022年4月21日。桜の季節にkinopan & cafeをオープンすることができました。お店に届いたたくさんの開店祝いのお花たち。多くの人の協力と応援のおかけで、このお店がオープンできたんだと、感謝の気持ちがあふれてきました。

【起業してから】ドーナツとコーヒーと笑い声。朝からにぎやかな応援団は、心強い存在です。

パンの仕込みは朝の4時から。一晩寝かせた生地を使うパンもあれば、その日に朝に生地づくりから始めるパンも。10時の開店に向けて6時間。開店時にはもうクタクタです。

kinopan & cafeのパン

それでも、開店時には18種類ほどのパンを並べます。せっかく来てくれたお客様が残念な気持ちにならないようにしたいから。

生地を捏ねて、寝かせて、切り分けて、具材をのせて、焼き上げる。その工程を繰り返し、焼き上げたパンを並べたら準備終了。お店の前にスタンド看板を出したら、営業がスタートです。

スタンド看板を出したら、営業がスタート

お客様は近所からも遠方からもお越しになります。ご近所さんには、グランドゴルフが終わったら休憩に来てくれるkinopan応援団も。ドーナツとコーヒーと笑い声。朝からにぎやかな応援団は、心強い存在です。

初めてお越しになる方には、少し分かりづらい場所かもしれません。でも、何処だろうって探していると、見つけた時に嬉しくなる。これもこの店の楽しみ方です。

SNSで情報発信はしていますが、それよりも口コミや友達の友達といった風にお客様が広がっています。これも応援してくれているみなさんのおかげ。ご縁に感謝しています。

あんパンには、三成公の旗印「大一大万大吉」の焼き印をつけて
一人が万人のため、万人が一人のために尽くす思いを込めて

kinopan & cafeの人気メニューは定番のドーナツ。あんパンには、三成公の旗印「大一大万大吉」の焼き印をつけて。どのパンも国産小麦「春よ恋」を使っているので、小麦の風味豊かで、ふわっともっちりした食感です。

一番人気はハンバーガー
一番人気はハンバーガー

カフェメニューは、全部で4種類。一番人気はハンバーガー。特製バンズに挟むパティは、パティというよりはハンバーグ。大きな口でガブリとどうぞ。

コーヒーを中心にラインナップ

飲み物メニューは息子がこだわったコーヒーを中心にラインナップ。どれも美味しいと評判です。

【これからの想い】石田三成公の生誕の地この地を守り、受け継いでいきたい

今、一番の目標は、kinopanといったらコレっていうパンを開発すること。kinopanの代名詞となるようなパンができれば、そのパンを目当てに幅広いお客様にお越しいただくことができ、この石田町がもっと楽しくなるのではないかと思っています。

石田町は石田三成公の生誕の地。この地域に住むみんながこの地を大切に守ってきました。これからも、この地を守り、受け継いでいきたい。それがここに住むみんなの想いです。そのためには、この地が、ここに住むみんなが楽しく、元気に暮らせる場所であることが大前提。

Kino Pan & Cafe 木下 滋子さん

地域のみなさんの応援があって、kinopan & cafeが出来ました。みんなが気軽に集まってもらえるような場所に成長できたら、みんなの元気、地域の元気に貢献できる。その想いでこれからもパン作りをしていきます。

kinopan & cafe (キのパン)へのお問い合わせはこちら

kinopan & cafe (キのパン)
社名 / 屋号 kinopan & cafe (キのパン)
住所 滋賀県長浜市石田町585
連絡先 TEL:09042786169
URL kinopan & cafe (キのパン)のWEBサイト
Instagram

創業支援のお問い合わせはこちら

長浜バイオインキュベーションセンター

一般社団法人
バイオビジネス創出研究会

〒526-0829
滋賀県長浜市田村町1281-8
長浜バイオインキュベーションセンター内

TEL:0749-65-8808
定休日:土日・祝日お休み